施工事例

スズキ クロスビー デントリペア

お客様/ 埼玉県 I様
リペア箇所/ルーフピラー(左右)
車種/スズキ クロスビー

スズキ クロスビー デントリペア

スズキ クロスビー デントリペア

左右のルーフピラーにひょう害と思われる多数付いているヘコミです。
画像ではほんの1部のヘコミしか写っていませんが前から後ろまでこのような凹みが左右にたくさんありました。
この部分はデントリペアツールが入らないためにグルーによる引っ張り作業でリペアを仕上げることとなります。
左右バランスをとりながらグルーにてきれいに仕上げています。

スズキ クロスビー デントリペア

スバル アウトバック デントリペア

お客様/ 埼玉県 I様
リペア箇所/右リアドア
車種/スバル アウトバック

スバル アウトバック デントリペア

スバル アウトバック デントリペア

右リアドアのドアパンチによる凹みです。
画像に写っている凹みともう一つ別に小さい凹みが計2カ所同じパネルにできてました。
通常のドアパンチによるえくぼだったために、作業はスムーズに完了しています。
ただ、クリア塗装自体に傷ついていたのでバフによって薄く目立たなくしました。
もちろんきれいに仕上げています。

スバル アウトバック デントリペア

アウディ A3 デントリペア

お客様/ 埼玉県 I様
リペア箇所/
車種/アウディ A3

アウディ A3 デントリペア

アウディ A3 デントリペア

右フロントドア下部にできたえくぼ自体は小さいけれど深さが非常にある凹みでした。
クリア自体も少々潰されていました。
通常この下のような凹みはドアパネル下部の雨水が抜ける穴よりツールを入れてアクセスして直すのですが、アウディA3の場合この部分からツールを入れることができません。
アクセス方法として内張りをばらさない限り上の窓の隙間からデントツールをアクセスして直すしかありません。
距離が非常に遠くなるために、かなり神経質でシビアな作業になります。
大きさがなく深さがある凹みだったためにこの環境で治すのは、非常に神経を使いました。
もちろんキレイに仕上げています!

アウディ A3 デントリペア

スバル フォレスター デントリペア

お客様/ 埼玉県 I様
リペア箇所/ボンネット
車種/スバル フォレスター

スバル フォレスター デントリペア

スバル フォレスター デントリペア

ボンネットの凹みです。
ボンネットにできたえくぼですが、スバルフォレスターのボンネットはアルミパネルのためにここまで大きさが出て折れが出ている凹みは作業がとても難しいリペア作業です。
凹みの癖をしっかり抜いて丁寧に押し上げていかないと、アルミパネルはきれいに治りません。
通常のスチール鋼板のパネルに比べて大変難しい作業です。
もちろんきれいに仕上げています!

スバル フォレスター デントリペア

スバル レガシィー B4  デントリペア

お客様/ 埼玉県 I様
リペア箇所/左フロントドア
車種/スバル レガシィー B4

スバル レガシィー B4 デントリペア

スバル レガシィー B4 デントリペア

左フロントドアにできたえくぼです。
このパネルは板金塗装がされているパネルで、うねりが元々あったためヘコミをきれいに直して調整するのが大変難しいパネルでした。
他にも細かい波があったので、目立つこの大きなヘコミを直した上で全体のバランスをとって見た目をきれいに見えるように仕上げています。

スバル レガシィー B4 デントリペア

お問い合わせ