施工事例

スズキ スイフトスポーツ デントリペア

左フロントフェンダーに出来たヘコミです。
契約駐車場にて隣の車にドアパンチされた事によるヘコミだそうです。
画像の方は一箇所のヘコミしか写していませんが、合計で3箇所のヘコミでした。
ワンボックスのドアエッジでブツけられたヘコミの為に、小さいヘコミですが中心部が深く入ったヘ
コミで中心部は塗膜に傷が付き剥がれていました。(リペア後ユーザーさんによるタッチアップ)
このようなヘコミは、ピンポイントでダメージを受けた部分を的確にリペアしていかないと綺麗に治
らないのと、走行中の振動や寒暖差による鉄板の伸縮により凹みが薄く戻ってしまうダメージで
す。
その辺を考慮した上で的確、丁寧に綺麗に治しています。

スズキ スイフトスポーツ デントリペア

トヨタ ヤリス GR デントリペア

お客様/ 埼玉県 I様
リペア箇所/左リアクォーター(リアフェンダー)
車種/トヨタ ヤリス GR デントリペア

トヨタ ヤリス GR デントリペア

トヨタ ヤリス GR デントリペア

左リアクォーター(リアフェンダー)のアーチ付近にできたダメージです。
自転車を倒されたということで、画像では解りにくいですが、ヘコミの中心部が半円状にカーブし
たダメージが2本ほどできている状態でした。
中心部が、かなり変形した形のダメージでした。
リアフェンダーの、この部分はデントリペアツールのアクセスが出来ない為に、グルーによる引っ
張り作業か、フェンダー内側のタイヤハウス内のカバーを外して小さな穴を開けてデントリペア
ツールによるプッシング作業でリペアするしかありません。
お車見積もり段階で、タイヤハウス内の穴開けの了解を頂いていましたが、今回はグルーによ
る引っ張り作業とポンチング作業を繰り返し複数回行っていくことで、全て仕上げることができま
した。
もちろん綺麗に仕上げています。

トヨタ ヤリス GR デントリペア

フィアット 500 デントリペア

お客様/ 東京都 練馬区 I様
リペア箇所/ 右リアクォーター(リアフェンダー)
車種/フィアット 500 

フィアット 500 デントリペア

フィアット 500 デントリペア

画像は右リアクォーター(リアフェンダー)のヘコミです。
右リアクォーター(リアフェンダー)に2箇所のヘコミと、左リアクォーター(リアフェンダー)フェン
ダーアーチ部に一箇所、その上部に一箇所、ボンネットに一箇所のデントリペア作業でした。
数が多いために一枚の画像しか撮りませんでした。
ボンネットのヘコミは、デントリペアツールによるプッシング作業でリペア作業を行いました。
その他のヘコミは、グルーによる引っ張り作業とポンチング作業を繰り返し行うことで仕上げてい
きました。
フェンダーアーチ部分のヘコミが一番中心部が深く入り、少々大変なリペア作業でしたが、全て
のヘコミを綺麗に直しています。

フィアット 500 デントリペア

アウディ A 4 オールロード デントリペア

お客様/ 東京都 中央区 I様
リペア箇所/左フロントドア・ドアノブ
車種/アウディ A 4 オールロード デントリペア

アウディ A 4 オールロード デントリペア

アウディ A 4 オールロード デントリペア

左フロントドアの中央部やや下の方にできたヘコミと、ドアノブ付近にできたヘコミです。
お見積り来店時の段階ではドア中央部のヘコミしかありませんでしたが、作業当日にドアノブ付
近にヘコミも付いている状態でしたので、そちらの方もリペアを行いました。
ドア中央部のヘコミの方は、裏側のサイドビーム上にできたヘコミで、外板パネルとサイドビーム
を止めているシーラーの上にできたものでした。
そのためにダメージの方は中心部がかなり鋭角に折れ、深く入ったダメージでした。
少々難しいリペア作業でしたが、グルーによる引っ張り作業と通常をデントリペアのプッシュ作
業、ポンチング作業を繰り返し行い、パネルに溜まった癖と力を丁寧に抜いていき仕上げていき
ました。
もちろんきれいに仕上げています。

アウディ A 4 オールロード デントリペア

アウディ A 4 オールロード デントリペア

アウディ A 4 オールロード デントリペア ドアノブのヘコミ画像

アウディ A 4 オールロード デントリペア

スズキ スイフトスポーツ デントリペア

お客様/東京都 文京区 I様
リペア箇所/スズキ スイフトスポーツ
車種/スズキ スイフトスポーツ デントリペア

スズキ スイフトスポーツ デントリペア

スズキ スイフトスポーツ デントリペア

ガソリンスタンドの店員による誘導で、バックをした際にポールにブツかってしまった言うダメージ
のヘコミです。
画像に見えてる2箇所の凹みは中心部が、かなり深く入り塗膜をエグって、剥がれている状態で
した。
また2箇所のヘコミの下方向にた縦長の薄い凹みも出来ていました。
ポールにブツかった際に、パネル全体が一回たわんで出来たヘコミです。
運悪くヘコミの裏側に、裏骨が入っている場所だった為に、当板状態になり 深いヘコミが出来て
しまった状態です 。
ヘコミの中心部が深く鋭角に入っていた為に、かなり難しいデントリペア作業になりました。
鉄板の伸びも、少々出ていた為に、パネル全体に歪みが出てしまうため歪みが目立たないよう
に全体のバランスを整え綺麗に仕上げていきました。

スズキ スイフトスポーツ デントリペア

お問い合わせ