施工事例

日産 ルークス ハイウェイスター デントリペア

ボンネットのヘコミです。
ボンネット先端の小さなヘコミでした。
石跳ねによる小さなヘコミみそうですが塗装のハゲは全くありませんでした。
単純なエクボに見えますが、画像では映り込みませんでしたかエクボから斜め方向に薄いヘコミが走っていました。
ヘコミの裏は袋状になっていて穴があり、そこからツールをアクセスしましたが丁度外板とその裏に薄い板の骨が入っていてわずかな隙間しかありませんでした。
細いツールを色んな角度に曲げながらヘコミの裏までたどり着くことができました。
結果、なんとかヘコミ全体を押すことができリペアできました。
もちろんキレイに仕上げています。

ホンダ NBOX デントリペア

お客様/ 埼玉県 I様
リペア箇所/リアゲート
車種/ホンダ NBOX

ホンダ NBOX デントリペア

リアゲートの複数の凹みです。
自転車が倒れてついた凹みだそうです。
全部で4カ所ありました(画像では3カ所しか写っていません)
1番深い大きいヘコミが自転車が倒れる際に擦れたようで結構形が変形していました。
傷を伴っていましたが全てきれいにリペアし、リペア後にポリッシャーにて傷を極力消しました。

ホンダ NBOX デントリペア

ホンダ ステップワゴン デントリペア

お客様/ 埼玉県 I様
リペア箇所/リアゲート
車種/ホンダ ステップワゴン

ホンダ ステップワゴン デントリペア

ホンダ ステップワゴン

リアゲートのヘコミです。
リアゲートをポールにぶつけてしまったダメージです。
画像の通りメッキモールの裏側もかなり大きくへこんでいたダメージです。
見積もり段階でデントリペアではかなり難しい、復旧できないかもしれない板金塗装をオススメするという旨を説明しましたが、できれば板金塗装を避けてデントリペアで修理をしてもらいたいと言うことで、少しチャレンジしてみました。
デントツールで押し上げるのと、ポンチングによって溜まった歪みを叩いて落とすという作業を何度も繰り返し時間をかけ塗装が割れないように丁寧に作業を進めていきました。
結果問題なく形が復旧することができました。
見積もり段階でかなりダメージがひどいので多少の歪みが残ると言うことを説明の上で施行しています。
薄い歪みは残りましたがお客様からは仕上がり大変満足していただけました。

ホンダ ステップワゴン デントリペア

ホンダ ステップワゴン デントリペア

ホンダ ステップワゴン デントリペア

ホンダ ステップワゴン デントリペア

ホンダ ステップワゴン デントリペア

ホンダ ステップワゴン デントリペア

ホンダ ステップワゴン デントリペア

ホンダ ステップワゴン デントリペア

ホンダ ステップワゴン デントリペア

ホンダ ステップワゴン デントリペア

アルファロメオ 159 デントリペア

お客様/ 東京都 I様
リペア箇所/左フロントドアと左サイドシール(左サイドステップ)
車種/アルファロメオ 159

アルファロメオ 159 デントリペア

アルファロメオ 159 デントリペア

左フロントドアと左サイドシール(左サイドステップ)のヘコミです。
中央分離帯のラバーのポールにぶつけてしまったようです。
サイドシールのヘコミはデントツールが入らないためにグルーによる引っ張り作業でリペアしました。
施工後の画像の細かい粒のような跡がポンチング(叩いた)跡です。
画像を撮った後にポリッシャーでキレイに磨いて仕上げています。
ドアの方はラバーポールによって引きずった横のヘコミになっています。
こちらも下の水抜き穴よりデントツールをアクセスし綺麗にリペアしています。

アルファロメオ 159 デントリペア

お問い合わせ